ベランダ, Madame Julia Correvon, Maria Cornelia, Vive la Mariee ビブラマリエ, 日常, 朝顔日記

ベランダとご飯

8月。この言葉を聞くと、

「あっ、秋も近いな…」といつも思う。

が、今年はあと少し夏が居座りそうだ。

クレマチスのMme Julia Correvon。

一時期よりは花が少ないけれど、

絶えず新しい花が咲く。

Maria Corneliaもポツポツ花を見せてくれている。

暑い中、ありがとね。

せっかく咲いた花たちが、

暑さで、あっという間に咲き終わってしまう。

植木鉢だから、気温の影響を受けやすいんだろうなと思う。

涼しげな白いバラ。暑さに負けず、とてもいい香り。

株が弱らないように、暑さが峠を越すまで、

花が咲いたら切り花にして楽しむことにしよう。

暑いところを好むバジルやシソは今年は元気、元気。

食べることが追いつきません 🙂

今年の朝顔。コマゴメさんと矮性の桔梗咲き。

ベランダの柵から天井までに

細いロープで網?を作った。

茎が伸び始めた頃、何度か切ったので、

2株しかないのに、横に広がってきた。

今のところ蕾は見当たらないけれど、楽しみだな。

夕方になるとキッチンが暑くなるので、

献立によっては午前中に用意するようにしている。

食欲がなくても食べやすいように、

例えば、玄米のおいなりさん、

豚肉と青菜の冷シャブ、枝豆、キムチ。

朝に作って、冷蔵庫に保管して、

夕方におさらに並べるだけで、楽チン。

日が沈むと、やっと爽やかな風が吹く。

今年のドイツは最高気温の記録更新が続いている。

雨も少なくて、農作物に影響が出ている。

でも意外なことに降雨量は昔に比べて

あまり少なくなっていないんだとか。

ただ何日も降らなくて局地的に短時間に大雨が降っても

地面は降っただけの水分を保つことは出来ないらしい。

均等に少しずつ降らないとダメなのだ。

私が寝だめを出来ないのと同じだね 🙂

Advertisements