Heritage rose ヘリテイジ

誇り

花瓶に挿した薔薇のヘリテイジ。

花びらが落ちてきたので、捨ててしまおうかと思い、

花瓶を手にしたら、ふっと香りがした。

少し大げさかもしれないけれど

「花としての誇り」のようなものを感じた。

なんだかとてつもなく愛しくなって、

水を変えて、またこの場所に戻した。

Advertisements