着物 Kimono, 日本

大島紬

去年に奄美大島へ行った理由の一つは

憧れの「大島紬」を見るためでもあった。

想像を超えた大変な手仕事と美しさだった。

一口に大島紬と言っても様々なものがあり、

糸から反物になるまで、少なくても1年の年月が必要なのだとか。

奄美大島を訪れる前に予習をして行ったつもりだったけれど、

実際に一つ一つの手仕事を見ると感動。

頭がさがる思いがするほど、本当にたくさんの工程がある。

これは「龍郷柄」

蘇鉄の実と葉、ハブが図案化されていて、

奄美大島の自然が表現されている。

*************************************

全てが手作業の工程を見て、高価なことに納得。

触らせてもらった着物や反物は、

コシがありながらも肌に吸い付くようだった。

新品でなくていいから、

いつかは大島紬を纏ってみたい….。

 

 

Advertisements