お日様の光の代わりに?

さて、これはなんでしょう?

実は、これは太陽の光の代わりなるものらしい。日本でも豪雪地域の人なら知っているかもしれない。Daylight lampと言うのだそう。つまり太陽の代わり。これを使うと朝の目覚めが良くなり、もちろん日中でも使えます。

なにせドイツの冬ときたら、曇天、雨または雪の日が多い。少し前の私は「そんなもの、いらないよ。なくても生活できるでしょう。」と思っていた。ところが今年の冬ときたら特に曇天、雨もしくは雪の日が特に多いと思う。そこで思い出したのがコレ。

効果は?と言うと、今のところ「効果があると言えば、そんな気がする….」と言う感じで、例えば朝に光を浴びても眠いものは眠いけれど、昼間に浴びていると効果はある気がする。(私が単純かな?)

光の色は好みで調節できるけれども、太陽と同じに近い光を浴びたいのなら、白色のほうがいいらしい。(これは黄色の光です。)説明によると、だいたいの目安としては、昼間の時間と同じだけ浴びているなら、春や秋で1日週晴れている陽の光と同じくらいだとか。(UVはカットしてあるのだそう。)

それにしても、人間の生み出した文明の利器はすごいね。太陽と同じ光なのに、UVはカットしてあるのだから。