たいしたもんだ :-)

スマホのカメラの機能に、またまたビックリ。

どこくらいまで被写体に寄って(寄ったかのように)

撮れるのだろうと実験をしてみた。

まるでマクロレンズをつけたかのように撮れてビックリ。

(切り取り加工はしていません。ちょっとピントが合ってないけれど。)

世界共通の写真用語Bokehだって、お手のもの。

昔々のカメラの本に載っていたような、背景をボケさせるためには

どういうレンズが必要で露出とシャッタースピードが云々という

ウンチクは必要なく、加工の行程でクリアに写っていたはずの

背景を一瞬でボケさせることもできてしまう。

ホント、びっくりだわ….。

(私が知らなかっただけかもしれないけれど)

スマホが世の中に現れてから、まだ10年くらいなのにね。

いやいや、たいしたもんだ 🙂