悪天候と薔薇、クレマチスの花

昨日、ちょっと出かけた帰り道にひどい雷と大雨にあった。夫と私は丁度アウトバーンを走行中で、その時に出ていた雲。ここに山や海があるわけでも何でも無く、こんな状態。これから雨の区域に。

何年振りかのひどい雨の中に突入。(雨の中は撮影していません。)いやいや、本当にビックリ。まさにIt’s raining cats and dogs!

ここからは薔薇の話で、待ちに待ったLeda姫。(本当の名前はeの上にアポストロフィのようなものがつく。)

少し写真では分かりにくいかと思うけれど、花の縁がpaintedしたようにピンクが濃くなっていて、それが別名Painted Damaskと言われる理由。年に1度しか咲かないけれど、それでも可愛いから許せてしまう。

そして、この子はGhislaine de Feligende姫。(これもeの上にアポストロフィのようなものがつく)この子は咲き進むに従って白になる。この子は夫のお姉さんの家で見て、一目惚れ。早速、買いに行ったんだっけ。

そしてクレマチスのMadame Julia Correvon姫。

まだ2つしか咲いていないけれど、壁一面に咲くと、とてもきれい。

Louise Odier姫も相変わらず咲いていて、我が家のベランダは賑やかに。

皆さんにとって、楽しい週末になりますように!

“悪天候と薔薇、クレマチスの花” への 2 件のフィードバック

  1. Leda姫のふちのピンク見えます!!
    Ghislaine de Feligende姫、白に変わっていくって、太陽の光で色あせるのでしょうかね。
    紫陽花は白→淡い水色→白みたいな変化がある子もいるような、、、自然の不思議ですね。
    Madame Julia Correvon姫、子供の頃からこういうワインレッドが大好きです。花びらが4枚なのですね。
    Louise Odier姫は、相変わらず若々しい嫁入り前の華やかさ。
    お庭が賑やかになって行く季節ですね♪

    1. CoccoCanさん、いつも見ていだだいてありがとうございます。これからもヨロシクお願いします 🙂

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください