読んで、読んで、また読んで。

2、3ヶ月前から今更ながらタブレットで日本のKindleを利用し始めた。月額980円を払う「読み放題」も合わせて始めたので「日本語が読める!」と当初は手当たり次第に読んだ。今は少し落ち着いたものの、それでも本を読む時間が長くなった。ドイツにいながら日本語の本を読むことができる!という幸せ :-) Kindleはずいぶん前からあるので、今更?と思われるかも知れないけれど、本当に便利。

 

ちょっと冷静になって、便利なことと、その逆を書き出してみた。

 

 

**便利なこと**

1。多少暗い場所でも読める。

2。文字の大きさを変えたり、写真をズームできる。

3。本の場所をとらない。

4。読み放題では、買ってまで読みたくはないけれど、さらっと読んでみたい雑誌、本の一部だけを読むことができる。今まで自分が敬遠していたものも試し読み感覚で読め、それが意外と面白かったりする。

5。日本から取り寄せると送料、手数料、そして何より時間がかかるけれど、Kindleはそれがいらない。本そのものの値段も安いことが多い。

 

 

**不便なこと**

1。読んだ本を「これ、面白かったよー」と人に貸せない。本が要らなくなっても寄付できない。

2。Kindleの読み放題は確かに「読み放題」なのだけれど、自分のタブレットにはキープできるのは10冊まで。雑誌などをコンプリートで取っておきたい!と思う人には難しいかも。

3。読み放題には980円の会費が必要。読みたいと思う本がKindleにあるとは限らない。ましてや「読み放題」にあるとは限らない。

 

 

**読み放題の中で特に面白かった本**

1。「マネーという名の犬・12歳からのお金入門」ボート・シェーファー (訳・田中順子)

子供向きの本なのだけれど、大人の私が読んでも納得する部分が多かった。

2。10キロ痩せて永久キープするダイエット 山崎潤子

すごく簡単に言うと、自分と向き合って内面から訴えかけてダイエットをするという本。

この二つの本にはお金と体という全く違うテーマだけれど、「物事を長い目で見る」「きちんと自分と向き合う」という似ている部分があるような気がする。定期的に読み返してみたいなと思うので、タブレットにキープしてあります。

 

 

Kindleでオススメ本、雑誌があったら教えてね 🙂

 

Advertisements

2 thoughts on “読んで、読んで、また読んで。

  1. Hiroe Nagatomi says:

    わたしもKindle使ってます。海外でも日本語の本が読めるKindleはわたしにとって必需品です。最近面白かった本は「みんな誰もが神様だった」並木良和著です。

    • Sachie says:

      HIROEさん、コメントをありがとうございます。紙の本がいいな….と思うこともあるけれど、その都度日本から取り寄せるわけにはいかないし、場所のことなどを考えると有難いことですよね。並木氏の本、後ほどチェックしてみますね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.