朝顔日記57

 

久しぶりの朝顔日記。

花の季節は過ぎ、あとは種を収穫できるかを観察。

なかなか種をつけにくいという噂の切れ咲きの子。

花はたくさん咲いたのに、種をつけることは殆どなく、

わずかにひとつ、ふたつだけ種の袋が膨らみ始めた。

(上の写真は9月に撮影したもの)

種をつけている袋さえくびもとから落ちてしまいそうだったので、

収穫して開けてみたところ、種が入っていた。

でも、種を蒔いた時のような黒い種ではなく、茶色。

触ってみると、皮だけしかなくて、

空気がない風船のように柔らかい。

人の手によって改良を重ねられたものは結実しないらしいから、

仕方ないのかな….。

 

Advertisements

2 thoughts on “朝顔日記57

  1. 僕の家の庭のアサガオに花は咲いてもタネができないアサガオがあります。今年買ったタネです。
    昨年収穫したタネから咲いたアサガオには今年も多くのタネができています。
    アサガオって突然変異を起こしやすいそうですね。

    • auxiliarylinesさんのお家の朝顔はどんな朝顔でしたか?
      日本からの種なので、朝顔さんたちはドイツの気候に戸惑ったかもしれないけれど、
      たくさん楽しませてくれて感謝です。
      蝉の声が聞こえる、蒸し暑い日本の夏を懐かしく思い出しました。
      「朝顔日記」を見てくださり、ありがとうございます 🙂

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s