アレルギーテスト

ジャン!失礼。これは私の腕です。自分で見てびつくり。

改めて見ると、まるで足みたいに太い! 😀

皮膚科でアレルギーテストなるものを初めて受けた。日本でもドイツでも初めて。採血による検査ともう一つ、日本でいうとパッチテストのようなものを受けた。リストには小麦などの穀物、その他の植物、動物の24種類のアレルギーの元?が書かれている。まず腕をきれいにして、ごくごく普通のボールペンでこんな感じにザーッと24種類に区切られた。そこに24種類のアレルギーの元の液体がスポイトで1滴ずつ分けられ、先の尖った金属で、それぞれの液体がついている皮膚を軽く刺していく。腕の上の方は脂肪がついているからか殆ど痛くないけれど、手首に近ずくとチクっとする。このままの状態で15分。アレルギーがある場合には腫れて痒くなるのだそうだ。これは15分間待っている時にスマホで撮った1枚。

 

15分後のパッチテストの結果はアレルギー反応なし。不思議なくらい痛くも痒くもならなかった。嬉しい反面、顔や顎、首に何度も出た炎症はなんだったのだろう??ということになる。特に変わったものを食べた記憶はないし….。意外とめんどくさいことになるのかなと少々気が重い。血液検査の結果待ちということになった。ヤレヤレ。