なんて切なくて悲しい写真なのだろう….。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017032701002112.html

「おかえりなさい」という優しい言葉の上に

本来なら普通じゃない放射線量の数値。

様々な事情で住み慣れた町で暮らしたいという人たち。

そして辛い思いでふるさとを離れ、避難する事を選んだ人たちもいる。

さまざまな援助を打ち切り、事故は過去のものですよと言わんばかりの日本。

これは飯館村に限ったことではないけれど、

基本的人権もへったくれもない。

被害に遭った人たちに、さらに追い討ちをかけている。

日本はなんていう国になってしまったんだろう。

Advertisements