雑誌「暮しの手帖」をClub Japanという会社を通して購読している。2、3週間前に、その会社の一部の利用者が「フィッシングメール」の被害にあってしまったというお知らせメールが届いた。googlemailのアカウントを確認すると、私宛にもフィッシングメールは届いていて「2000円相当の金券が利用できる」とか書かれている。私宛のメールは幸いスパムフォルダーに振り分けられていたので、その会社からの通知が来る前にそのフィッシングメールを開けることにはならず、被害を受けずに済んだ。2000円といえば送料や手数料に相当する金額だし、文庫本なら3冊は買うことができる。もしスパムホルダーに分けられていなければ「ラッキー!」とばかりに私もメールを開けて注文していたかもしれない。暗証番号やカード番号を知られることになっていたかと思うと、背筋が寒くなる。被害を受けていないとはいえ念のために暗証番号を変更した。

 

原因が究明できるまで、今は本来の注文ページhttp://www.clubjapan.jp/は閉じられているとのことでFBのアカウントだけ見られます。

https://www.facebook.com/CLUBJAPAN

 

Advertisements